脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽腫という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

❴残される側の気持ち❵+α

前回の記事では

❴旅立ってしまう側の気持ち❵ - 脳腫瘍を患った僕
 を書きましたが

今回の記事では[残される側の気持ち]に+αで前回書ききれなかった[旅立ってしまう側の気持ち]を書こうと思います。


姉が旅立った後に僕が思った事は

あの事をしてあげる事が出来ていたら…

あの様に言ってあげる事が出来ていれば…

あの事を聞けていたら…

あの言葉の意味を理解出来ていれば…

色んな後悔が残り、結局タラレバばかり┐(´д`)┌

家族とはいえ、なかなか聞きにくい事等もあり

あの事を聞いていればよかったと思う事が、後になって多く出てきます…

特に、[最後に何かしておきたい事はないか?][旅立った後に何かしておいてほしい事はないか?]といった質問。

残される側の殆どの人が思う事ではないでしょうか?

しかし、死を視野に入れた質問は、なかなか聞き辛く

こういった質問をする事で、相手に死を強く意識させてしまうのではないか…と思い躊躇してしまいます。

そして、いつ最後の時を迎えるのか分からない…

なので心配で心配で堪らなくなり、過剰に心配をしてしまいます。


病気を患った事で[旅立ってしまう側の気持ち]に気付く事ができた僕ですが

そんな僕が思った事が!

それは、旅立ってしまう側は残される側の想像以上に、死を受け入れているのだと言う事。

なので、過剰に心配される事で逆に負担に感じてしまう事もあるのだと。


僕が入院していて命の危機だった時

周りの人はとても心配してくれて

常に誰かが病室にいる状態でした。

そんな時に思ったのが、(一人の時間が欲しい)という事。

そして思い出した事が!

それは、姉が言っていた『一人の時間も好きだから』の何気ない言葉。

ようやく、その言葉の意味が理解出来ました。

その頃の僕達家族は、心配だったので交代で姉の病室に寝泊まりしていました。

これが逆に負担になっていたなんて…(~_~;)

あの頃に気付いてあげる事が出来ていれば…と

とても悔やみました。


[旅立ってしまう側の気持ち]と[残される側の気持ち]は

両者とも互いに想い合っているのに、すれ違いがちです(-_-;)

この記事が、両者の後悔を減らす役に立ってくれたらいいなと思っています!

それではまた!


応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村


脳・神経・脊髄ランキング