脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

{退院してからのリハビリ外来}

リハビリ専門病院を退院直後からは

以前の記事でも書いていた様に、家の近所にある脳神経外科院で

作業療法と言語聴覚療法のリハビリを行ってもらっていました。

その頃の[リハビリ内容]は

作業療法の方では、高齢の患者さん達と同席の4人掛けテーブルで

パズル等の手先を使った細い作業を行い

言語聴覚療法の方では、高次脳機能障害の中の注意障害の事が考慮されてなのか

注意散漫にならない様、個室で仮名拾いや計算等を行っていました。

そんな時に教えて頂いた本があるのですが

それがこちら↓

f:id:kh10060524:20200403102941j:plain

内容は忘れてしまいましたが、とても為になる事が書かれていたという事だけは覚えています…

この本の著作の方は、他にも脳トレに関する本やアプリ等も出されている様です。

気になった方は検索してみて下さい(^^)


そしてリハビリが終了した後は

交通事故での通院です。

交通事故での通院はほぼ毎日通っていて

家から徒歩5分程度のところの整形外科へ通院していました。

そちらでは理学療法と電気治療です。

理学療法では、ベッドに横になり全身をほぐしてもらったり関節を動かしてもらったり

その後は、仰向けになって両膝を立てて左右に倒したり

それから、ベッドわきに腰掛けて

頭の後ろで手を組んで上半身をひねったり、その体勢のまま左右に上体を倒したりの軽い運動を行っていました。

これをする事によって、体幹機能を鍛える事が出来ると教わりました。

たしかに、この運動を行うようになってから

少しではありますがふらつきが軽減された様に思います^_^

現在も家でのリハビリに取り入れて行なっています。

電気治療の方は、事故で首を少し痛めていたので痛みの緩和程度でした。


脳神経外科院でのリハビリも、整形外科でのリハビリも最後まで内容は変わりなく

脳神経外科院へは約3ヶ月間リハビリに通い

現在は2ヶ月に1度の診察と抗てんかん薬の処方をしてもらいに行っており

整形外科へは約6ヶ月間の間リハビリと電気治療へ通いました。

そしてやっと、ほぼ毎日の通院から開放されてほっとしたのですが

結局やる事が無く、何だか寂しい気持ちになりました(─.─||)

働きたくても不安でしょうが無く

むしろ働けたとしてもフル出勤は無理なので、少額しか稼ぐ事は出来ないでしょう…

それなら傷病手当金を受け取れる間に

今後の為のリハビリ等を頑張ろうと思い今に至っています。

話が少し逸れてしまいましたが

退院後の半年間はこの様な感じで過ごしていました。

それではまた!


応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村


脳・神経・脊髄ランキング