脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

{障害者になった今、思う事}

脳の手術を行ってから、様々な障害が残ってしまいました…

身体の方は、左半身の麻痺に右半身の温痛覚障害、そして平衡機能障害

脳の方では、高次脳機能障害です。

現在障害者手帳を所持しているのですが

身体障害者手帳は持っておらず

精神障害者保健福祉手帳のみ。

身体障害者手帳も申請は出来ると言われましたが

身体の方の障害は程度が軽い為

所持出来たとしても等級が低いらしく

所持する意味が無いと言われたので、申請しませんでした。

程度が軽いと言っても、素早く動けなかったり等と重い物を持ち運べなかったり、足場の悪い所などでは転倒したり等

とても不便になってしまいました。

精神障害者保健福祉手帳は

現在、てんかんで申請しており、手帳の等級は3級です。

次回の更新の際には、高次脳機能障害で申請し直す予定でいます。


この様に障害者となった僕ですが

普段生活をしていて、とても気になる事があります。

それは、[人の目]です。

僕の場合は、じっとしていると傍から見ても障害者だとは分かりません。

しかし、何か動作を行うと動きがおかしかったりするので

そんな時は、周りの人からの視線を感じます。

どういった目で見ているのかは分かりません。

中には心配をして見守ってくれている方も居るかもしれません。

しかし人の心は見えない…

視線を感じると、とても悔しい気持ちになってしまい

過敏になっているのかもしれませんが

人の目がとても気になる様になりました…(-_-;)

この様に、障害者として見られる事が嫌だなーと思う所もあるのですが

それとは裏腹に

細道を歩いている際に、健常者だと思われて道を譲ってもらえない時なんかは

僕は不自由なのに…と思ってしまう事や

高次脳機能障害は傍から見て全く分からず

分からないからこそ大変な部分があり

会話をすると、話がかみ合わなかったり

記憶力がなかったり、計算が出来なかったりと他にも色々ありますが

こういった面が出てきてしまい

相手側からすると、変人だの馬鹿だのと思われがちです…

この様に都合が悪い場合には、障害者として扱ってほしいと思ってしまう自分がいます┐(‘~`;)┌

本当に矛盾していて、周りが理解できるはずも無いという事は十分に分かっています…

それでも矛盾した考えを持ってしまうのです(=_=)

こんな考えはどうにかならないものだろうか…

障害者になった今、思う事は他にも色々ありますが

まだ障害者になって1年ちょっと

これから先、色んな考え方が出てくると思います。

プラス思考で自分らしく前向きにのんびりと考えて行こうと思っています(^^)

それではまた!


応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村


脳・神経・脊髄ランキング