脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

❲病院から見た花火❳

僕の入院生活が始まったのは真冬でした。

それから7ヶ月が経ち、季節は夏へ

外の気温も上がり、病室の気温も上昇(-.-;)

寝る際は、寝言と歯ぎしりの音を抑える為

布団を被って寝ていたので、寝苦しいのなんの(*_*)

朝起きると、汗でベタベタでした…

なので毎朝、爽快感のある身体拭きシートで身体を拭くのが日課になりました。

僕の病室以外は冷房が入っていたので快適だったのですが

同室の方が極度の寒がりだったので冷房はつけれず

僕の病室はムシムシとしていました(´-﹏-`;)

外の気温が上昇した事で

外歩きのリハビリは午前中の早い時間のみになり

あまり外歩きのリハビリへは出れなくなってしまいました。


そんなある日、僕の住む県で有名な花火大会があるとの事で

病院内からも花火が見えると言う情報が入りました!


花火大会の夜の事

花火が見えそうな場所へ移動し、花火の時間を待ちました。

暫くすると、各病室から他の患者さん達が数名集まって来ました。

中には看護師さんから車椅子で連れて来てもらった方も。

みんなで花火を楽しみに待ち

ついに、ヒュ~ン!ドーン!!と

ビルとビルの間から花火が見えました。

花火の全体は見えなかったのですが

とても綺麗で、心に沁みた様な感覚がしました。

みんなで綺麗だね〜と話していると

一人のお婆ちゃんが花火とは違う方向を見ながら

『綺麗ね〜』と言っていました。

お婆ちゃんの目線の先を見てみると

オレンジ色に光った街灯でした!笑

僕は花火の方を指差して『お婆ちゃん向こうだよ!』と言うと

お婆ちゃんは『あらっ、そっちやったとね?』と恥ずかしそうに笑っていました。

そのお婆ちゃんは目が悪く、花火もハッキリと見えていなかったのだろうと思います。

それでも花火を見ながら

『綺麗ね〜、本当に綺麗』と目を輝かせながら言っていたので

(お婆ちゃんには、どの様に見えているんだろう?何か特別な思い出があるのかな?)と思いました。

病院から見た花火は

普段見ていた花火とは何か違って見え

僕の中で、とても微笑ましくて、何かが心に沁みた思い出となりました(^^)


ご高齢の方から、生きていると視点が変わってくるとよく聞きますが

まさに、視点が変わった出来事だったと思います。

それではまた!


応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村


脳・神経・脊髄ランキング