脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

【退院日が決定!】

リハビリ専門病院へ入院してから4ヶ月が過ぎた頃

4度目の面談が行なわれました。

なんと、担当医から退院の目処がついたと言われました!

そして、退院日も決まりました!

いよいよ後1ヶ月程で退院です!

本当に長かった…

嬉しい反面、何だか少し寂しい気もしました(・・;

一応3度目の面談時のグラフと、4度目の面談時のグラフを載せておきます。

3度目のグラフ↓

f:id:kh10060524:20200122084941j:plain

4度目のグラフ↓

f:id:kh10060524:20200122085055j:plain

認知項目の方のグラフは変わりなかったので省きますが

この様になっていました。


この頃になると

理学療法のリハビリでは

主に外歩きがメインとなり

ふらつきはあるものの、歩ける距離もどんどん延びました。

そして、病院のすぐ近くに階段のある石橋があるのですが

その階段も手すりを使って難なく上り下り出来るまでになりました。


作業療法の方は

残り1ヶ月程の間にもう一度調理実習を行う予定で

その前に他の家事もやってみようという事になり

アクティブホール内の一角に

お婆ちゃんの家の様な空間があるのですが

そこで掃除機をかける事になりました。

調理実習の際も、この場所で行います。

台所·居間·寝室があり

掃除機をかけるには、物を避けたり

しゃがんだりしなくてはいけなかったので

思っていた以上に大変でした。

しかし、なんとか出来ました。


そして、面談時のグラフを見る限りでは問題無しと判断されていた

言語聴覚療法の方はというと

やはり記憶力や注意力等が欠けており

高次脳機能障害だと言われました。

高次脳機能障害については、後日詳しく書こうと思っていますが

簡単に言うと、記憶力や注意力等が欠けてしまった状態をひっくるめたもの。

この障害は一生付き合っていくしかないようです( ゚д゚)

リハビリでは始めの方から行っていた様に

計算を解いたり、パソコンゲームをしたり

仮名拾いをしたりしていました。

僕の希望で、パソコンでタイピングを行ったりもしました。

リハビリ以外の空き時間に、自由にパソコンを使用していいという許可を頂き

暇な時にはタイピングをしていました。

なかなかキーの文字の場所を覚える事が出来ずに

ちょっとした単語を打つだけで、結構時間が掛かりました。


言語聴覚の方を除くと

入院時に比べてかなり改善したと思います。


退院日が決まってからは、退院後は何をしようかワクワクが止まりませんでした(^o^)

このような感じで退院日が決まり

退院の基準が何なのか分かりませんでしたが

とりあえず退院と決まって一安心でした。

それでは今回はこれで!


応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村


脳・神経・脊髄ランキング