脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽腫という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

〘障害を受け入れるには〙

久しぶりに言語聴覚療法のリハビリが

どうなっていたのかを記事にしようと思います。

言語聴覚療法のリハビリは

言語聴覚というように

言語<や聴覚

それと、能力(記憶力·注意力等)です。


月に一度行われる検査では

オーディオから流れる、似た言葉を聞き分けたり

似た人物や物の写真を見分けたり

オーディオから流れる数を次々に足していくといった事や

パソコンの画面に⑦が出たら

スペースキーを押したり

この様なもの↓


f:id:kh10060524:20200111215715j:plain



③の後に⑦が出た時にだけスペースキーを押す

といった検査を行いました。


こういった検査を元に面談は行なわれ

2回目の面談時には

認知項目のグラフは満点になっていました。

同年代の方に比べると

反応が遅かったり、間違って押したりといった事がありました。

それでも、検査結果的には正常の範囲内に入るようです。

自分では、符に落ちないといった感じ…



障害を持つという事は

これを受け入れなければなりません。

受け入れるのは本当に辛いです…

受け入れるには、とても長い時間が掛りました。


僕が今思う大切な事は

今後のスケジュール管理を

どうカバーしていくのか?といった事です。

以前の記事

{メモをとる事の習慣化} - 脳腫瘍を患った僕

↑で書いた様に

何処で、何を、どうする?

といった事を同じ様な病気を患ってしまった方には

習慣化してほしいと心から思います。


僕は、自分ではこのぐらい覚えていられるだろうと思っていても

気が付かない内に忘れてしまう事が多々あり

その度に悔しい思いをしました。

そのような思いはしてほしくありません。

どうか習慣化してほしいです。

それではまた!


応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

脳・神経・脊髄の病気ランキング