脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

[3つのリハビリ内容途中経過]

リハビリ専門病院に入院してから

約2ヶ月が過ぎた頃のリハビリ内容を書こうと思います。


とその前に、この頃の僕の状態はと言うと

多少ふらつきは有りますが、ある程度は一人で歩け

手すりを使えば階段の上り下りが出来る程で

手の方は、ゆっくりであれば思った場所に手を持っていく事が出来はしましたが

指先の動きが悪く

小さな物を摘んだり、ペットボトル等の蓋を回したりという作業が

なかなかスムーズに行う事が出来ませんでした…

脳力の方は

物忘れが多く

かな拾いで、拾う文字数が増えると見落としが沢山出てしまい

計算問題を解くスピードが、始めたばかりの頃に比べると

多少は早くなりましたが

同年代のスピードに比べると、倍程掛かっていました…


上記の様に

足の方はベッド上にいる時以外は使うからなのか

かなり動きが改善されてきましたが

手と脳力の方は少ししか改善されていませんでした┐(‘~`;)┌


本題である約2ヶ月が過ぎた頃のリハビリ内容ですが

足の方のリハビリは次の段階へ!

坂道にも体が対応出来るように

平行棒内で、バランスボードを斜めにして

かかとを床に付けた状態で立ったり

こんな感じ↓

f:id:kh10060524:20191219212543j:plain

※写真のバランスボードは自分で購入した物です。

リハビリ専門病院のバランスボードはもっとしっかりしています。

このバランスボードは危ないので、現在使用していません。


そして、いつも歩いていたウォーキングマシンですが

角度をつけて歩く事になりました。

傾斜に慣れるまで暫くはこのリハビリを続ける様です。


手の方は、紙をハサミで切ったり、折り曲げたりして模型を作ったり

お手玉を指定場所へ投げたり等を行う事になりました。

投げるという動作は

複数の関節や筋肉を使います。

そして指定場所へ投げる為には、力加減を調節しなければいけません。

とても効率の良いリハビリだと思います。


脳力の方のリハビリは

引き続きかな拾いと計算問題

それと、パソコンを使っての脳トレゲーム

よく行っていたゲームは

❲タタタタッチ❳という名前のゲームで

数字を順番にタッチしていきタイムを競うもの。

記憶力や注意力が欠けてしまった僕は

前の数字が何だったのか、どの数字が何処にあったのかを忘れたり

数字を見つける事が出来なかったりと

タイムを縮める事はなかなか出来ませんでした。

しかし、この脳トレゲームもとても良いリハビリになります。


約2ヶ月が過ぎた頃のリハビリ内容はこんな感じでした。


それではまた!


応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村