脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

《ペコロス》

病棟を出れる様になってから

暇潰しに1階へ毎日のように降りていたのですが

1階のロビーである絵本と出会いました

f:id:kh10060524:20191130203251j:plain

という絵本です。

認知症を患ってしまったお母さんと息子の実話のようで

何気ない日常が綴られています。

クスッと笑ってしまう様な部分や何かが心に響くような所があり

そして、僕の地元でのお話だったので

僕のお婆ちゃん達が使うような方言が使われていて親近感が湧き

すぐに見入ってしまいました。

ロビーには何部作か置かれていたので

暇があれば読みに行き

約1ヶ月程で全作読んでしまいました。

ペコロスとは何の事なのかは分かりませんでしたが

認知症とはどういうものなのか、そして支える側の家族の気持ちなどがよく分かる本でした。

もし何処かでこの絵本を見かけたら一度手にとってみて下さい。

調べてみた所、実写版の映画もあるようなので

僕は映画の方も見てみようと思います。

それではまた!

応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

脳・神経・脊髄ランキング