脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

{一度目の面談}

リハビリ専門病院へ入院すると

月に1度、担当医と家族(妻)と患者本人(僕)とで面談があります。

一度目の面談の内容は

担当の療法士の方達が

現時点でどの程度動けるようになっているのか

また、どの程度認知出来ているのかという

グラフを作成していて

グラフはこの様なもの↓

f:id:kh10060524:20191116215439j:plain

f:id:kh10060524:20191116215447j:plain

このグラフの書かれた資料には

他にも色んな事が記載されていて

資料を見ながら担当医の方から説明を受けます。

グラフは療法士の方から見た評価なので

実際に自分自身が感じている事や妻が感じている事と異なり、少し違和感を覚えました。

説明とは別に、本人はどんな事で困っているのかという事を聞かれ

僕はこの頃、左手の震えが強く出ていたので左手の動きと歩きがまだまだ不十分だという事と

まだ入浴の際に見守り付きだったので

身体を見られるという事に物凄く抵抗のある僕は

一人で入浴したいという事を伝えました。

妻は、どの程度の回復を望んでいるのかと聞かれ

体調が安定したら、体力を付けてもらいたい

また、いずれは職場復帰してもらいたいと伝えました。

結局入浴の方は、まだ歩きが不十分で転倒のリスクがある為、暫くは見守り付きだと言われました…(-_-;)

看護師さんや介護士さん達は入浴の当番の日があるようで

入浴の際に毎回違う方の見守り付きでした。

僕は、その事が特に嫌で

せめて何度か見守りに入った事のある方だけにしてほしいとお願いをしました。

その事は受け入れてもらえ、少しはストレスを軽減する事が出来ました(^^)

後日、病院側は入院患者の家の設備の確認を行わなければならないらしく

僕の家に自宅訪問へ伺うとの事。

病院側と妻の予定が合う日程に決定しました。

自宅訪問の話はまた今度お話します。

それではまた!

応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村