脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

❲不便な事が有れば工夫を❳

大学病院に入院していた頃は

着替える際には、看護師さんが手伝ってくれていましたが

リハビリ専門病院に転院してからは、自分1人で行う事になり

転院する際に、ボタン付きの前開きパジャマを準備して下さいと言われていました。

なぜボタン付きの前開きパジャマなのかと言うと

指先のリハビリになるからです。

着替える際に、はじめの頃は指先が思うように動かず

小さな物を摘むという事が、なかなか難しかった為

ボタンを開ける時も大変ではあったのですが

ボタンを閉めるという作業が特に難しく

着替えるだけで30分程かかっていました。

ボタンを摘めたとしても、力が入り過ぎてしまったり

指先がピクピクと震えだす事があり

なかなか着替える事が出来ませんでした。

やっと全部のボタンを閉めれたと思っても

注意力が低下している為、よくボタンの掛け間違いをしてしまい

何度もやり直したりしていました。

この頃は手の震えが酷く

歯ブラシに歯磨き粉を付ける際も不便で

僕は左手に歯ブラシを持ち

右手で歯磨き粉を付けるのですが

左手に持った歯ブラシが震えてしまい

なかなか歯磨き粉を付ける事が難しかったです。

なぜか、一点に集中する程震えが強く出ていました。

作業療法士の方に相談すると

肘を固定すると良いと言われ

洗面台に肘を付くか、腹部に肘を当てて固定する様にしました。

そうする事で多少の震えはありますが

歯磨き粉を付けやすくなりました。

不便な事が有れば何かしら工夫をすれば軽減出来る!

今僕は、不便さを感じた時には策を練る様にしています。

考える事も脳トレです。

むしろ全てがリハビリだと思い生活しています。

それでは今回はこれで!


応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

脳・神経・脊髄ランキング