脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

〈再会〉

たしか、リハビリ専門病院へ転院してから

リハビリ2度目の時の事

リハビリの時間になり、病室へ療法士の方が迎えに来てから

因みに病室はこんな感じ↓


f:id:kh10060524:20191019082618j:plain


2階のアクティブホールへとエレベーターで下り

到着してドアが開くと、大学病院で同室だった男の子が立っていました。

男の子は、丁度リハビリが終わり病棟の方へ戻る所だった様子

僕の他にもエレベーターには人が沢山乗っていたので

男の子は僕に気が付いていないようでした。

次の日アクティブホールへ行くと

男の子が元気にジャンプをしたり

軽く走っていたので、とても驚きました!

大学病院にいた頃は僕より少し歩けるという程度だったのですが

普通に歩けていました。

歩けていたという程のものじゃありません!

リハビリが終わり

エレベーターで男の子と一緒になりました。

『覚えてる?』と話し掛けてみると

覚えてくれていた様で、何気ない話を交わしました。

発声の方も問題なく話せていたので

とても嬉しく、パワーを貰えた様な気がしました。

男の子は僕の入院している病棟の1階下に入院している様で

またその次の日もリハビリの時間が一緒になり

その日はお父さんも同伴していました。

リハビリ専門病院は

1日のほとんどがリハビリになっているので

ゆっくり家族や友人達と話をしたりする時間がありません。

ほとんどと言っても

リハビリは、1日に3時間ほどしかありませんが

休憩時間や食事の時間を入れると

1日があっという間に思えるほど、とても短く感じます。

たまたま男の子のすぐ近くでリハビリをする事があり

お父さんと話す機会がありました。

お父さんの話だと、もう少しで退院日が決まりそうとの事!

リハビリ専門病院への入院は大体が3ヶ月間で、最長で5ヶ月間だそうです。

しかし、男の子が頑張ったおかげと

学校の勉強に遅れてしまうという事も視野に入れて決定される様で

男の子が大学病院から転院してまだ1ヶ月程でしたが退院間近だとの事。

ここまで回復しているとは思ってもいなかったので

本当にびっくりしました!

若いからではなく、頑張り屋だったからこそだと思います。

僕も早く出所してシャバの空気を…(--〆)笑

ではなく、早く退院出来るように頑張ろうと思えました!

それではまた!


応援宜しくお願いします↓
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村

脳・神経・脊髄ランキング