脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

〈髄液でパンパン〉

このまま順調に回復と思っていたのですが

後頭部が徐々に腫れてきてパンパンに!

頭の中が暑く感じ、寝る事も出来ないほど…

触ってみると硬いのですが

奥の方に水が溜まっている様な感じ…

なんだかぼーっとして、目眩やふらつきが増悪してきました。

僕はあまり吐気はなかったのですが

吐気も出てきたので

看護師さんに伝えると担当医を連れてきてくれました。

触診してから、直ぐにCTを撮る事になり
CT撮影室へ

CTに横になる時、頭がグラグラして

横になると斜めになっているんじゃないかという感覚がしました。

頭と腕を固定されCTの中へ

撮り終わると病室へ戻り

しばらくすると別室へ呼ばれ

医師から画像を見ながら状況説明を受けました。

説明によると

閉塞性水頭症になっているとの事

[閉塞性水頭症]とは

簡単に言うと

脳内の髄液は毎日約500ml生産されるそうで

何かしらの原因で髄液の流れる管が閉塞され

行き場を失った髄液が

脳室などに溜まってしまう事で

僕の場合は脳室に溜まった髄液が

手術の際に切開した部分がまだ塞がっていなかったため

髄液がその部分をつたい

頭蓋骨を外したところに溜まっていました。

頭蓋骨を外したところには

ゴアテックスという

レインコートや磯ブーツなどにも使用されている防水素材で作られた

人工硬膜が入っています。

その人工硬膜を残っている頭蓋骨に縫い付けてあるそうです。

通常は閉塞性水頭症になってしまった場合

髄液が流れる管に、シャントという管を入れ

髄液の流れを改善するらしいのですが

手術続きな為、応急処置として

注射器の針を直接頭に刺し無駄な髄液を抜く事になりました。

頭に注射器と聞いてかなりビビりましたΣ(゚Д゚)

しかし、それを行わなければ

また脳ヘルニアや脳幹圧迫等を起こす危険性があると言われました。

なので注射器で直接頭から髄液を抜いてもらう事になりました。

ほとんどの場合では、背中の脊髄に注射器を刺し、髄液を抜くみたいですが

僕の場合は人工硬膜の部分に髄液が溜まっていた事もあり

直接頭から髄液を抜く事になりました。

ビビりまくっていると

医師から『背中より痛くないよ』

と軽いフォローが入り少し安心しました。

しばらく経ってから

かなり太めな注射器と包帯の様な物とガーゼを持って医師が戻ってきました。

いよいよです…

針を刺した瞬間そこまで痛みはなく

プツンッと人工硬膜を貫いたのであろう音がしました。

抜き終わると、後頭部にまた髄液が溜まらないよう

圧迫するために、ガーゼを丸めて包帯の様な物でグルグル巻きにされました。

こんな感じ↓


f:id:kh10060524:20190809184603j:plain

そして注射器で抜いた髄液がこちら↓


f:id:kh10060524:20190809214938j:plain

黄色い色をしています。

通常透明らしいのですが

術後ということもあり、血液などが混ざって黄色くなっているらしく問題は無いとの事。

なぜだか、勝手に頭が左側を向いてしまいます。

昔テレビで見た事のある

両手にL字型の棒を持つタイプの幽霊発見機の様な感じ。

意識しないと真っ直ぐ向く事が出来ませんでした。

そして、何日間かはグルグル巻きの状態。

続きはまた今度お話したいと思います。

それではまた!
にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村