脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

[初リハビリ室]

車椅子へ乗り移りが出来るようになったので

リハビリをリハビリ室で行う事になりました。

朝9時半頃に看護補助の方が迎えに来て

リハビリ室まで車椅子を押して連れて行ってくれました。

リハビリ室は病室から結構離れていて

病室の近くのエレベーターで何階か下り

エレベーターを出てから反対側へ行き

そこからまたエレベーターで何階かくだり

少し行くとリハビリ室でした。

リハビリ室には色々な器具が置いてあり

手前側にはウォーキングマシーンや

サイクリングマシーンなどが置いてあり

他の患者さん達が

マシーンを使用したり、リハビリ室内を歩いたりして運動していました。

中間部分にはベッドが何台か置いてあり

療法士さんが患者さんにマッサージや柔軟などを施していました。

奥の方へ行くといつものリハビリ担当の方がいて

今回は検査をするとの事で、机へ案内され

映画[男はつらいよ]の寅さんが持っているカバンに似た

茶色いカバンを机の上に持ってきました。

中には野球ボールや積木の様な物がいくつか入っていて

このようなやつ↓

f:id:kh10060524:20190803143617j:plain

手の動きを見る為の検査キットだそうです。

時間を測りながら、左右に空いている部分に

野球ボールを右→左へ、左→右へ移したり

手前の真ん中の枠に積木を並べたり

布やコインの様な物をひっくり返したり

短い棒を赤い丸の部分に空いた穴に立てたりといった

いくつもの検査があり

なかなか思った様に手が動かず

掴むことすらも困難で

とくに小さな物になってくると難しく

掴んだとしても、手を離すタイミングがずれてしまい

違う場所に置いたり、床に落としたりと

なかなか上手く出来ませんでした。

出来たとしても、1つ移動するのにかなり時間が掛かってしまい

難しくなるに連れて頭の中が暑く感じてきます。

検査が終わり一度病室へ戻り、しばらく休憩してから

次は歩く練習をするとの事

病室へ戻り昼ごはん

昼ごはんを食べて少しすると

また看護補助の方が迎えに来ました。

リハビリ室へ着き

両側に手すりがある↓下のようなものへ

f:id:kh10060524:20190803150350j:plain

平行棒というらしく

平行棒の端へ車椅子を止め

とりあえず何度か立ち座りを行いました。

支えられながら手すりと手すりの間を歩き何度か往復

手すりは持ってはいましたが

自分の身体を支えれる筋力はなく

ほとんど担当の方へ体重を預けていました。

体重は30kg前半まで落ちていたので

さほど重くはなかったとは思いますが

大変だったと思います。

平行棒で困難だったのが

検査の時と同様で

手すりを手放すタイミングがずれてしまい

1歩前に出たとしても

まだ手は後ろに残ったまんま。

1人で歩いてみようと試みましたが

手すりを掴んでいてもフラフラして危なかったです。

午前のリハビリと午後のリハビリを合わせて3時間のリハビリ終了。

この日から毎日3時間リハビリ室でのリハビリが始まりました。

また経過を記事にしたいと思います。

それではまた!