脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

[ICUからの帰還]

ICUで2週間程経ってから

病棟からの迎えがやって来ました。

もう一ヶ月程居た気分でした

ストレッチャーに載せられ

病室へ帰る前にCTを撮りに行きました。

頭を固定されCTの中へ

またあの変な臭いがします

撮り終わり、またストレッチャーへ

病棟まで移動する際は目眩で吐気が起こらないようにと

ゆっくり移動してくれました。

エレベーターに乗ると

『若いのにね…』と

同じエレベーターに乗り合わせていた

御見舞の方が言っているのが聞こえました

病院は高齢者が多い為、珍しく思ったのだろうと思っていました。

が、違ったようです。

後々そう言った理由がわかりました。

内容はまた今度書こうと思います。

そして何階か昇り入院病棟へ到着

ナースステーションを通過して

すぐの所が僕の病室でした。

しばらくは個室のようで

またいっときの間はご飯は食べれないとの事

水分はとっても大丈夫だと言われ

久々にお茶を飲んでみると

やはりむせ込んでしまいました。

目の方は、相変わらず物が重複して見えてしまう

複視の症状が出ていました。

頭は痛みはあまり無かったのですが

脳内にドレーンが入っている為

ベッドのリクライニングで頭の高さを決められていて

全身管だらけだった為

身動きが取れない状態

しかし翌日からはリハビリが始まるという報告を受けました。

(どうやって今の状態でリハビリするんだ?)と思いましたが

寝たきりなので血栓が出来やすいらしく

ベッド上で軽くストレッチをする程度との事

血栓が出来てしまうと

血流に乗って脳や肺、心臓などに

血栓が飛んでしまうと命に危険が及ぶそうです。

病院は枕が固く、少し頭を動かすと

傷口が痛かったので

妻に低反発の枕をネットで注文してもらいました。

僕が愛用している枕がこれ↓



この枕に変えると痛みも無く

頻繁に起きる事が無くなりました!

よかったら使ってみてくださいオススメです。


それから この枕が手放せなくなり

検査へ行く時はストレッチャーの上でも使用していました。

頭部手術の為の入院の際は

新しい枕を持って行く事をおすすめします。

自宅で使用していた物を持っていくのは止めて下さい

傷口からが入ると大変です!

それでは今回はこれで!

宜しくお願いします↓


にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村