脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

【小脳扁桃ヘルニア】

【脳ヘルニア!?なんじゃそりゃ?】 - 脳腫瘍を患った僕の続き。

手術室へ運ばれる前に

医師や看護師さん達の焦りようから

(本当に危ないんだな)と悟りました。

僕の心の中では

(もう手術から目覚める事はないだろう。

短い人生だったなぁ〜 もう少し生きたかった

向こうの世界はどんな感じだろう

姉と会えるだろうか)

などと考えていると

妻が医師達からの説明を受けて戻ってきました。

妻は僕の手を握って

『絶対に大丈夫!』と言ってくれました

その言葉がどれほど心強かったか

涙が溢れそうになりました。

その言葉のお陰で

(絶対に目覚めてやる!)と思えました

この時、妻への感謝の思いが込み上げてきて

もしかしたらこのまま逝ってしまうかもしれないから

《ありがとう》と伝えないといけないと強く思いました。

しかし意識がもうろうとしてきて 声が出ずに

握った手を強く握り返す事しか出来ませんでした。

姉の最後の時もこんな気持ちだったのかな?と思いました。


意識が途切れる前に 手術室ではない場所へ移動し

病衣を脱がされ麻酔薬を投与されて直ぐに眠りました。

目が覚めると3度目のICUでした。

今回の手術の説明書によると

診断名は[小脳扁桃ヘルニア]との事。

続きはまた次回書きます。

それではまた!

宜しくお願いします↓


にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村