脳腫瘍を患った僕

小脳血管芽種という 稀な腫瘍を患いました。闘病記を綴っていこうと思います。誰かの力になれれば幸いです。

3度目の手術【腫瘍摘出】

いよいよ本命である腫瘍摘出手術!

診断名は左小脳半球血管芽腫というみたいです。


手術当日の朝は、前回の手術と同様で

ストレッチャーに乗せられ手術室へ

今回は全身麻酔の為

素っ裸に\(^o^)/

素っ裸でストレッチャーに移され

移動中は布団を掛けていました。

普段ベッドでは頭を高めにしているからか

水平に横になると目眩がでてきました。

移動の際に目を開けていると

乗り物酔いのような感覚になり

気分が悪くなったので

途中からは目を瞑っていました。


手術室へ到着し

点滴の途中から麻酔薬か鎮痛薬かなにかを注入し

酸素マスクのような物がはめられ

酸素マスクのようなものから

アルコールに似た匂いが出てきて

『息を吸ってください』と言われ

呼吸を何度か行い

3回目ぐらいから意識が途切れました。

        •
        •
        •
        •

目が覚めるとICUに…

今回は手足は縛られてなく

頭の管が無くなっていました!

僕には担当医が3人程いたのですが

しばらくして、勢揃いで様子を見にきました。

『痛みはどうですか?』

『大丈夫です』

『無事手術は成功しましたよ』

『ありが•ふにゃふにゃ…』

あれ?何か口に違和感が…( ゚д゚)

『まだ完全に麻酔が切れていないので

少し麻痺しているようですね』

『また伺います』と言われ去って行きました。

手術前の説明で

小脳を切開するので

失語症や半身不随など何かしら後遺症が出る可能性が高いと聞いていたので

もしかして…と思いましたが

僕の場合は、不幸中の幸いで後遺症がそこまでひどく出なかったようです。

最近知ったのですが

術後しばらくは顔の左半分が麻痺していたようで

妻から聞いた話だと顔が歪んでいたらしいです。

今思い返せば

たしかに食べ物や飲み物を口の左側からよくこぼしたりしていました。

他には術前から出ていた

左手足の麻痺が強くなりました。


そして、術後は喉がイガイガしていたので

『看護師さんに水が飲みたい』と言うと

また棒に付いたスポンジのような物に

水を含ませ飲ませてくれました。

結局ICUには3日間程いて

毎日妻が昼頃に来てくれ 安心感がありました。

続きはまた今度書きます!

それではまた!

宜しくお願いします↓


にほんブログ村 病気ブログ 脳腫瘍へ
にほんブログ村